診療時間

平日:9:00~13:00 14:30~20:30
日曜:9:00~13:00
※最終受付時間は診療終了時間の1時間前
▲ 火・土のみ19時までの診療

初診随時受付。各種保険取り扱い。

休診日

木曜
祝日

駐車場完備

診療予約・ご相談はこちら03-3649-4618

ご予約・お問い合わせ

一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは

虫歯や歯周病などの治療を行ない、口内を健康な状態へと改善するだけでなく、末永く健康な歯を保てるよう「予防処置」を行なっていきます。当クリニックでは「痛みの少ない治療・早く終わる治療」に力を入れ、歯科が苦手な方、お子さまやご高齢の方にも柔軟に対応できるよう取り組んでおります。歯の痛みがある方から、歯の健康チェックをしたい方まで、どうぞお気軽にお越しください。

虫歯とは

虫歯とは

虫歯は口の中にあるミュースタンス菌などの細菌が食べ物に含まれる糖分を利用して酸を発生させ、歯を溶かしてしまう病気です。唾液の量や歯の質、食生活、などさまざまな要因が重なり、お口の中が「酸性」の状態が続いてしまうと虫歯が発生します。食事をしてそのまま長時間放置したり、甘い物をよく取る習慣がある方は、注意が必要です。

虫歯の進行

虫歯の進行

虫歯はそのまま放置しておくと徐々に進行し、痛みが発生したころにはかなり進行しています。治療が遅ければ遅いほど、歯を削る量も増えて歯への負担も大きくなりますし、通院頻度や費用なども多くなってしまいます。予防していくのが最良ですが、お口の中で何か異変があれば、なるべく早い段階で当クリニックまでお越しください。

  • C0
    C0
    歯の表面のエナメル質が少し溶けはじめています。痛みを感じることはなく、ご自身で気づける段階ではありませんが、「正しいブラッシングとフッ素塗布」を行なえば、自然治癒を期待できます。
  • C1
    C1
    さらに歯が溶けだした状態です。痛みはほとんど感じませんが、黒い小さな穴があきはじめます。虫歯を削り、詰め物を詰める処置が必要となります。
  • C2
    C2
    エナメル質だけでなく、さらに内側の象牙質まで虫歯が達しています。しみたり、痛みを感じるようになります。詰め物だけではまかなえない場合、被せ物をして歯を補っていきます。
  • C3
    C3
    歯の中心部(神経)にまで虫歯が到達し、炎症を起こして常に痛みを感じる様になります。虫歯を削って神経を除去し、根管の消毒を徹底的に行なった後、土台をつくって被せ物をします。
  • C4
    C4
    歯がほとんど溶けてしまった状態です。歯の神経も死んでいるので、痛みを感じなくなっています。そのままにしておくと根の先に膿が溜まったり、激しい痛みが起こることがあります。インプラントや入れ歯・ブリッジにて歯の機能を回復させます。

歯周病とは

歯周病とは

「痛みはなくとも歯周病は進行しています。」

歯周病は、歯を失う一番の原因であることをご存知ですか?毎日ブラッシングしていても、歯の表面や歯と歯肉の間には歯垢(プラーク)が溜まっていきます。そして歯肉がその歯垢に含まれる細菌に感染し、歯肉炎を引き起こします。これが歯周病の始まりです。痛みのないまま進行していき、歯がぐらつくなどの異変を感じた頃には中度から重度の歯周病となっています。最終的には抜歯となる可能性もありますので、定期的な口内のチェックを受け、少しでも早めに治療を開始することが大切です。

歯周病の進行

既に歯がぐらついている、といった方は歯周病がかなり進行している疑いがあります。下記をご覧の上、当てはまる症状がある方はお早めに当クリニックまでご来院ください。

  • 歯肉炎
    歯肉炎
    「歯周ポケット」とよばれる歯と歯肉の溝に歯垢が溜まりはじめ、歯周病菌が歯肉に炎症を起こしはじめています。自覚症状はほぼありません。
  • 軽度歯周炎
    軽度歯周炎
    歯周ポケットが広がり、歯周病菌が歯肉の奥にまで入り込み、歯を支えている顎の骨や歯周組織を徐々に溶かしはじめている段階です。歯肉からの出血や、冷たい物がしみるなど気になる症状がでてきますが、気がつかない方もいらっしゃいます。
  • 中度歯周炎
    中度歯周炎
    炎症がさらに奥深くまで進行し、歯周ポケットが深くなっています。顎の骨が半分近くにまで溶かされて歯を十分に支えられなくなり、ぐらつきはじめます。歯肉の腫れも大きくなり、口臭がするなどの症状もでてきます。
  • 重度歯周炎
    重度歯周炎
    歯を支えることができないほど、顎の骨が溶かされています。食べ物をほとんど噛むことができず、膿みがでてくる、口臭がひどくなるなどの症状がでており、日常生活に支障があります。

歯周病の治療法

歯周病の進行度チェック

歯周病の進行度チェック

レントゲンなどの精密検査とともに、歯周ポケットの深さを専用の器具で測定。歯肉の腫れ・動揺をお調べし、歯周病の進行度をチェックします。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

歯周病治療は、とにかく「正しいブラッシング」を徹底すること。患者さまの磨き残しが多い部分などを把握し、口内に合った適切なブラッシング方法を指導いたします。

歯石の除去

歯石の除去

広がった歯周ポケットの奥深くにこびりついてしまった、歯石を専用の器具を使って徹底的に除去します。目で見て確認できないほど、歯石の付着が奥深い場合は歯肉を切開して除去する「外科手術」が必要な場合もあります。

再評価検査

再評価検査

症状に合わせた治療を一通り終えた段階で、再度評価検査(歯肉の腫れ・出血などのチェック)を行ない、定期的なメンテナンスへと移行します。(※問題があれば再度、治療を繰り返す場合もあります。)

歯周病チェックは、定期的に受けておきましょう。

歯周病は進行しまうと治療期間や費用がかかり、精神的にも大きな負担となります。定期的な検診を受け、正しいブラッシングや歯のクリーニングを繰り返し受けていただければ予防することができますので、何か症状がなくとも、まずはお気軽にご来院ください。

根管治療

根管治療

根管治療とは、歯の中心にある歯髄(神経)が虫歯などによって細菌に感染してしまい、炎症を起こしてしまった場合に行なう治療のことです。神経を除去し、再発防止のため根管を徹底的に清掃して薬剤を詰めます。土台と被せ物を形成すれば、再びしっかり噛めるようになりますが、歯の神経がなくなると歯はもろくなり、割れやすくなります。そのため、できるだけ歯の神経を残せる段階での治療で済むように、日頃から定期検診にて口内をチェックすることが大切です。

予防歯科とは

予防歯科とは

歯は「治療できる」といっても、人工の歯科材料で補う方法ですので、削った歯・抜いた歯は元通りにはなりません。そのため、できるかぎり1本1本の歯を大切にし、虫歯や歯周病にならないための予防処置が必要です。具体的な処置としては、患者さまの口内に適した正しいブラッシング、PMTCとよばれる歯のクリーニングなどです。一度治療した歯の経過観察も兼ねて、定期検診には欠かさずにご来院ください。

PMTC

PMTC

日頃ブラッシングを丁寧にしている方でも、磨き残しは発生してしまいます。そのため、歯科医院にて専用の器具・研磨ペーストを使い、蓄積した歯垢を除去して虫歯・歯周病を予防していくのがPMTCです。仕上げにはフッ素塗布を行ない、歯質を強化していきます。歯の汚れが取れると本来の自然な歯の色になりますし、定期的に行なうことで汚れ自体がつきにくくなる効果もあります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

磨き残しは、歯と歯の隙間に多いですが、患者さま自身の磨き方の癖や、被せ物をしている部分、歯並びなどによってそれぞれ異なります。当クリニックでは、まず患者さまの口内の状況を詳しく拝見し、効果的なブラッシング指導をさせていただきます。

歯ブラシの選び方

【歯ブラシの選び方】
  • 歯ブラシのヘッド(毛の部分)の横幅は、毛束が横3~4列で、縦幅は上の前歯2本分(もしくは親指幅分)ぐらいの大きさのものを選びましょう。
  • 持ち手はまっすぐなものを選びましょう。
  • 毛の硬さは「ふつう」を選びましょう。磨く力が強い傾向にある方は柔らかめをおすすめします。

歯磨き粉の選び方

【歯磨き粉の選び方】

歯磨き粉は「有効成分」とよばれる効果と効能が認められた薬用成分が添加された、医薬部外品(薬用ハミガキ類)がおすすめです。種類も豊富ですので、患者さまのお口に合う歯磨き粉をアドバイスさせていただきます。

北砂デンタルクリニック
住所

〒 136-0073
東京都江東区北砂6-19-27

アクセス
  • 【電車でお越しの方】 都営新宿線 大島駅より 徒歩7分
  • 【バスでお越しの方】
    • 錦糸町駅または西大島駅から【錦28系統】、東大島駅行き(北砂六丁目下車 徒歩1分)
    • 大島駅から【亀21系統】、東陽町駅行き(北砂六丁目下車 徒歩3分)
駐車場完備 駐車場完備 詳しい場所はこちら

お口に関して気になる事ございましたら、お気軽にご相談ください。

診療予約・ご相談はこちら 03-3649-4618

ご予約・お問い合わせ
診療受付
9:00~13:00 -
14:30~20:30 - -

※最終受付時間は診療終了時間の1時間前
▲ 火・土のみ19時までの診療
【休診日】木曜・祝日

page_top